iTEP はグローバルに浸透中

現在 iTEP は中国では 100カ所以上のテストセンターで受検できるようになり、マレーシアでも教育機関に浸透をはじめている。世界的にみれば、ここのところ、中東での進捗が著しく、アラブ首長国連邦、サウジアラビアなどでは、政府が iTEP を唯一のオフィシャルな英語検定試験として採用。留学生の育成、ビジネス関係者のスキルアップに活用している。現在 iTEP は世界の主要な 22の地域に公式のディストリビュータがあり、世界中への浸透が加速している。

このページの上へ戻る